Skip to content

リースの酸素カプセルで得られる環境

わたしたちの生きているこの地上だと、だいたい気圧は1程度ですが、リースによって酸素カプセルを使用すれば、およそ1.3気圧の高い気圧の状態を作り出すことができます。

このような気圧の状態はどんな意味があるのかというと、体内の酸素が濃い状態を作れるという点が挙げられます。ひとくちに酸素といっても、中には吸収されにくい結合型酸素というものもありますが、酸素カプセルをリースして利用すれば、吸収されやすく、質も良い溶解型の酸素を取り込むことができるようになります。もちろん普段の呼吸によっても酸素をチャージしているわたしたちですが、地上の酸素濃度と言うのはだいたい20パーセントほどです。

しかしリースによって利用できる酸素カプセルだと、酸素が送られるもっとも高濃度なポイントでは50パーセント、そして酸素カプセルの中全体でも30パーセントが維持されるようになっていて、つねに高濃度の酸素がチャージできます。ヨガなどでは呼吸法が大事とされ、身体の筋肉を鍛えつつ精神も統一されおだやかにできるなどといいますが、やっぱり地上でやっている限り、残念ながら高濃度の酸素が取り込まれることはありません。

酸素カプセルの中で何をするのかは自由ですから、仕事の書類を読むのもよし、メールをチェックするのもよし、好きな雑誌を読むのも良いのですが、このような環境で気持ちを落ち着け、まるでヨガのように瞑想をするのもいいかもしれません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *